毎月12日は、「パンの日」というのを聞きましたが、どうゆう理由から12日なのですか?

ある情報によりますと、1842年4月12日、伊豆、韮山の代官、江川太郎左衛門が、窯でパンを焼いたのが、日本のパン作りの始まりとされているそうです。

この史実から、1983年3月に、日本パン工業会が毎月12日を、「パンの日」と決めたそうです。

パンをいっぱい食べてもらおうという狙いだそうで、年に一回では少ないと、毎月一回を「パンの日」として、各メーカーで様々なキャンペーンを繰り広げているそうです。

参考文献:『雑学特ダネ新聞』 / 読売新聞大阪編集局 (57)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

コメントの更新情報

1

トップページへ戻る